新着エントリー

バーベキューで絶対ウケる「バジルソース(ジェノベーゼ)」と「ロメスコソース」

09
久しぶりのエントリーです。
最近は「おらインスタグラマーになりたい!」ってなってるタナカミノルです。

夏だ!バーベキューだ!のシーズンが到来しました!
で、バーベキューの肉のソースというと、多くは市販の焼肉のタレか、ステーキソースを利用すると思います。
今回は、そこでの新定番になると言っていい二種類のソースを紹介したいと思います!

そもそもこのレシピですが、前にウチでバーベキューをしたときにぴらにあさんが作ってくれたソースでして、あまりにも美味かったので、レシピ教えてもらって何回もリピしているものになります。(我が家では定番ソースとしてバーベキューの度に、振舞っているのですが、その度に「レシピ教えて!」と要望が多いので、今回この場でシェアさせていただきたいと思います)

バジルソース(ジェノベーゼ)の作り方

ジェノベーゼというと、イタリアの代表的なソースの1つですね。普通はパスタに使うイメージがあると思うのですが、これが意外にも肉にメッチャ合うのです。億泰のように「ウゥンまぁ〜イ!」ってなること間違い無しです。

【材料10人前くらい】
・バジル:100g(でかいのでワンパックくらい)
 麻布十番の日進ワールドデリカテッセンなら確実に売っている。しかも普通のスーパーより安い!
・松の実:7粒
・にんにく:1/2片
・オリーブオイル:大さじ4
・粉チーズ:大さじ2
・塩:小さじ1弱

作り方はメッチャ簡単。

06
1.バジルの葉を葉だけにしてザッと洗う。

07
2.バジルの水をキッチリ切って(キッチンペーパーで拭いても◯)、他の材料と一緒にフードプロセッサーにかける。上の方が中々プロセッサーにかからなくて心配になるかもだけど、ガーッとひたすらやったら混ざります。

3.滑らかになったら出来上がり。味をみて塩が足りなかったら少し足して、フープロでまぜちゃってください。
最初は少し青臭い気もするのですが、10分くらいおいておくと馴染んでデリシャスになります!
(保存する場合は、上にオリーブオイルをかけて空気に触れないようにして保存してください)

ロメスコソースの作り方

ロメスコソースは、スペインはカタルーニャ地方のソースです。スペイン語で「サルサ・ロメスコ」ですね。肉以外にも、焼き野菜なんかも合います。まぁ、万能ソースなんで、なんでも付けて食べられちゃう素敵ソースです。

【材料10人前くらい】
・赤パプリカ:でかめの1個
・トマト:中1個(めんどくさかったら缶詰のカットトマト)
・アーモンド:7粒
・にんにく:1/2片
・オリーブオイル:大さじ2
・レモン汁:大さじ1
・塩:小さじ1〜1.5
・チリペッパーソース:3滴くらい
 ウチではマリーシャープス使ってます。

これも手間はかかるのですが、レシピとしては超簡単!

02
1.赤パプリカを真っ黒になるまでコンロで焼く。
焼きあがったら、水で冷やして皮を剥いて、みじん切り。

01
2.パプリカを焼いている間に、トマトを湯通しして水で冷やして皮を剥く。
剥いたトマトは、みじん切り。トマトの汁はある程度切っておいた良いです。
(カットトマトを使うなら、汁抜きな感じでカットトマト使ってください)

04
3.他の材料と一緒に、フードプロセッサーにかけましょう。
かなり汁っぽいのでフープロから溢れてきますが、気にしないで馴染むまでガーッとやっちゃってください。

05
出来上がりです!

バーベキューに手みやげで持って行こう!

どっちも30分くらいで作れるし、持って行ったら大好評間違い無しなんで、手みやげとして超おすすめです!

08
といった感じで、お誘いされたバーベで…

10
振る舞いました!!

ひらフェス開始。串焼きメッチャ美味い! #happy #bbq #sunsets #tokyo #harajuku #omotesando #shibuya

ミノルンさん(@minoru_tanaka)が投稿した写真 –

インスタグラマーになりたいので、自宅バーベの時の串焼き写真。
このときも、この2つの新定番ソースで串焼きを食べてます。
ホントにマジで、オススメです!!