新着エントリー

カンタン!じゃない麻婆豆腐 その2

さて本日も、カンタン!じゃない麻婆豆腐 その2をお送りしますよ。
もちろん、まだ麻婆豆腐にはなりませんっ。だって「カンタンじゃない」ですもの。

今回のテーマは四川料理には欠かせない調味料、ラー油でございます。

突然ですが、ラー油って高くないですか?
あんなにちょこっとなのに200円ぐらいするし・・・。
なので、辛いもの好きな我が家では、ラー油の消費量がハンバないので自家製です。

作ると分かるのですが原価300円ぐらいで売っているものの5倍ぐらいの量できます。
材料は唐辛子の粉とゴマ油。好みに応じて花椒やニンニクのみじん切りいれるのもありです。
具が増えるほど、食べるラー油に近づくかと。

作り方はいたってカンタン。
唐辛子の粉50g(細かいか粗挽きかは好みで)&その他の材料を大さじ2杯ぐらいの水で湿らせておく。これは唐辛子がこげやすいのでそれを避けるため。こげると苦くなってしまうので、他の料理もですが要注意です。
そこに熱したゴマ油(煙が出るほどまではせず180℃ぐらいの揚げる温度ぐらい)200g〜300gをジャーッといれる。
そうするとシュワシュワして、すんごい辛い湯気がでますが放置して冷ませば完成!

ゴマ油をゆっくり熱して、そこにニンニクやハッカクを入れる方法もあるみたいですが、
僕は最初に混ぜてしまう方法を使っています。

漉して油だけにする使い方もありますし、そのまま粉ごと使う場合もありますが、
我が家は漉してないタイプでございます。

ラー油その1
写真 2014-08-09 18 19 04

というわけで、今回も材料の話で終わってしまってすみませぬ。
四川泡菜とラー油はちょっと特別だったので作りましたが、これ以後はさすがにありもので・・・。

次回は多分もうちょっと麻婆豆腐に近づくと思いますけども、
その前に、四川泡菜でいろいろ料理作ってみたのでそれをご紹介したいと思います。

(エッまだ?っていう声が聞こえてきそう・・・)