新着エントリー

圧力鍋で簡単! いろいろ使える「牛すじ煮込み」の下ごしらえ

 

 

和牛でも100円/100g〜150円で買えるお手頃な牛すじ肉。「固そう」「下ごしらえがめんどくさそう」と敬遠する方もいるかもしれません。でも、圧力鍋を使えばとっても簡単! 煮込みやカレー、おでんなど、いろいろ使えるので、寒くなるこれからの季節にぴったりです。

■牛すじ肉は「まとめ買い」して、煮込んでおくと便利

写真 (4)

 

牛すじ肉は、品切れが多いので、スーパーやお肉屋さんに電話して取り置きしておくとよいでしょう。大きめの圧力鍋をお持ちなら、1kg〜1.5kgほどまとめて煮込むと2回〜3回ぶんくらいの料理に使えます。

■まずは水から下茹でしてアク抜き

写真 (5)

 

牛すじ肉を圧力鍋に入れ、ひたるくらいの水を張る。香りづけにローリエを数枚入れて火にかけ、「圧力をかけて1分」程度加熱。自然放置する。

■下茹でした牛すじを水洗いして一口大に

写真 (6)

 

肉にこびりついたアクを水で洗い流し、一口大に切る。

■にんにく・生姜と一緒に「圧力鍋で10分」

写真 (9)

一口大にした肉を圧力鍋に戻し、にんにく・生姜を1〜2片、日本酒を加え、ひたる程度の水を入れて火にかける。圧力をかけて10分加熱し、自然放置。

■さらに玉ねぎを加えて煮込む

写真 (7)

 

圧力が抜けたらフタを開け、くし切りにした玉ねぎを加えてさらに煮込む。玉ねぎの量は牛すじ1kgにつき小だと4個、大だと2個程度。

下ごしらえは、これで終了。ジップロックに入れて冷凍しておけば、いつでもカレーやすじ煮込み、おでんの具として使える。

■「すじ煮込み」に仕上げるならこんにゃく・野菜・出汁を加えて

写真 (8)

 

下ごしらえした牛すじに、いちょう切りにした人参(ささがきゴボウでも可)、下茹でしてアク抜きしたこんにゃくを加え、塩と和風出汁で味を整えれば、牛すじ煮込み(塩味)の出来上がり。塩の代わりに、味噌味で仕立てても美味しい。