新着エントリー

冷蔵庫の在庫一掃!まかない風 和風じゃこナポリタン

何度か書いてますが、もともと村上春樹のスパゲッティーの描写に憧れて料理を始めたので、パスタは得意料理の1つです。

で、いつも作っていて思うのは、「パスタは何でもアリだな」ということ。
日本で言えば、丼モノに近いなあ、と思います。
炭水化物に具を乗っける。具から出た適度な汁っ気を吸った淡水化物を、その具とを絡めて食す・・・嗚呼至福の時は洋の東西を問わないのですねw

で、いつも作るので、定番のは飽きるのですね、はい。
そこで、何か工夫したくなるのですが、もともとパスタって、冷蔵庫に余っているものを処分するのに適しているくらい懐が広いので、割と何でも成功します。

和風じゃこナポリタン

で、最近の「これはレシピ化しても良いかも!」と思ったのが、↑コレ。
在庫一掃セール度≒まかない度は、かなり高めでございます。

■材料(2人前)
オリーブオイル: 大さじ2
にんにく(みじん切り): 1片分
鷹の爪: 1本
じゃこ: 30g(1/3パックくらい)
にんじん(短冊切り): 1/2本
ピーマン(太めの千切り、もしくは輪切りでも可愛い): 2個
油揚げ(できれば湯通ししておき、縦半分を太めの千切り): 1/2枚~1枚
ケチャップ: 大さじ2
ウスターソース: 小さじ1
パスタの茹で汁(お湯1リットルに対して塩大さじ2くらい): お玉1杯(大さじ4くらい)
塩・胡椒・出汁粉: 適量少々
※その他野菜などの切れ端(たまねぎ、いんげん、きのこ類などなど)

  1. 別鍋で、塩を入れたお湯を沸かしておく。フライパンに、オリーブオイル、にんにく、鷹の爪を入れて、香りが出るまで弱火で炒める。
  2. 中火にして、じゃことにんじんを炒める。
  3. じゃことにんじんをフライパンに入れたタイミングで、別鍋で沸かしていたお湯にパスタを投入。
    (ディチェコの9分のスパゲッティーなら、7分30秒、茹でる)
  4. パスタを投入したら、フライパンに油揚げを入れ、茹で時間残り2分でピーマンを入れる。
    (※なお、その他野菜を入れるなら、たまねぎ、いんげんは最初の方、きのこ類は油揚げと同じタイミングで)
  5. ザッとピーマンに油がまわったら、ケチャップ、ウスターソース、パスタの茹で汁を加え、全体をよく和え、少しだけ汁っぽい感じにしておく。味をみて、適宜、塩胡椒、お好みで出汁粉を加える。
    (汁っぽさは、火加減で調整可能)
  6. ここでパスタが茹で上がるので、ザルにあけて、フライパンに投入。具と麺を手早く和えて、汁っぽさをパスタに吸わせたら、できあがり。

 

常々「じゃこは調味料」と思っているのですが、それと同じくらい、ベーコンも調味料(らしい)です。
また、このレシピのように、トマトとじゃこの相性は最高です。
ここで、ひらめきました。

「ならば、ナポリタンでベーコンの代わりに、じゃこを使ってもイケるのでは!」

と。

・・・というか、ナポリタン作ろうと思ったら、ベーコンがなくて、じゃこがあったので、ま、いいかと思ったのがきっかけなのですがw
で、さらに油揚げも余ってたので、いっそ和風ナポリタンにしてしまえ、とやってみたら、思いのほかうまくまとまりました。

何と言うか、これ、まかないの味ですね。レストランではお目にかかれない感じの味です。
あー、でも赤提灯でコレ出てきたらちょっと良い感じですね。ホッピーな夜の〆に喰いたいです。

もちろん、(飲み明けの)けだるい土曜の昼下がりにもピッタリです。
どの材料も余りがちなものばかり。冷蔵庫でセットで遭遇する確率は高めかと思うので、普通のナポリタンに飽きたなー、と思ったら、お試しあれ!