新着エントリー

主役はほうれん草と蕎麦!鴨ねぎ鍋

すっかり冬、鍋が活躍する季節に、料亭で食べるような鍋をさくっと準備できたらかっこいいですよね。

ということで、今回は「鴨ねぎ鍋」をご紹介。難しいのは、「鴨肉を買ってくること」だけ!あとはカンタンです。

10846009_10153000051783254_7893115291632058799_n

■材料(2人前)
鴨肉(むね or  もも): 300g
長ねぎ(斜め薄切り): 2本
ほうれん草(3~4等分): 2束
だし汁: 800cc
醤油: 大さじ4
味醂: 大さじ4
酒: 大さじ4
大根おろし: 10cm分
ポン酢: 適量
七味唐辛子: お好みで
蕎麦: 1~2人前

  1. 鴨肉の皮に格子状の浅い切れ目を入れておく(省略可)。油は引かず、皮目を下にして、フライパンで焼くと、油がたくさん出てくる。
    (出てきた油はビンなどにとっておいて、炒め物などに活用しても。)
  2. 皮目がこんがりパリッと焼けたら、取り出し、薄めに切る。
    (肉は焼かない。皮だけ。)
  3. 鍋に、だし汁、醤油、味醂、酒を加え、さらに鴨肉の端っこの方のほぼ皮だけの肉も入れておき、沸騰させる。
  4. 鍋のスープが沸騰したら、長ねぎを大量に入れて、できあがり。

■食べ方

  1. 取り皿には、たっぷりの大根おろしとポン酢、お好みで七味を入れ、タレとして用意しておく。
    鍋に鴨肉を食べる分だけ入れ、肉に火が通ったら、軽く火の通った長ねぎと一緒に取り皿にとり、タレと絡めて食べる。
  2. 鴨肉と長ねぎをすべて食べたら、残ったスープで「ほうれん草しゃぶしゃぶ」する。
    ほうれん草を食べたいだけ鍋に入れて、しんなりと軽く火が通ったら食べる。
  3. ほうれん草をすべて食べたら、残ったスープに堅く茹でておいた蕎麦を入れる。
    各自、蕎麦とスープを取り皿に取り分け、お好みで七味を振り、食べる。

1つの鍋で3つの楽しみ方が出来ます。

「葱を背負った鴨」が旨いのは言うまでもないですが、その鴨の出汁が良く出たスープでしゃぶしゃぶするほうれん草がビックリするほど、旨いです。この食べ方は、高田馬場の「梵天」で初めて出会い、以来すっかりその虜です。

また、〆は雑炊でも勿論おいしいのですが、ここは蕎麦をオススメします。「お店で食べる鴨南蛮そば」の味が楽しめちゃいますよ!

※鴨肉は、(鶏と違って)むね肉でも十分オイリーです。赤身肉を堪能したいなら「むね」、より脂を楽しみたいなら「もも」を選びましょう。(自分はむね派)

※4人前にするなら、具材は倍量でも、スープは同量でOKです。(余裕をみておくとしても、スープは1.5倍量で十分)