新着エントリー

とろけて極上!仲卸直伝の甘エビの昆布締め

お久しぶりです。コトブキです。

夏から年末にかけて引っ越しを2回してたらだいぶご無沙汰になってしまいました。
#ここまで言い訳

さて、私事ながら、最近日本酒にハマッております。
それもこれも星海社新書の白熱日本酒教室を読んで、ラベルの読み方が
わかってきたからなんですが、お酒を楽しめるようになるとアレです。
肴が必要になってきます。そこで簡単に作れる肴をひと品。

甘エビの昆布締め

このレシピは築地市場の仲卸のおじさんに教わったレシピです。
昆布締めの時間こそかかりますが、それでも3日程度。
味見をしている間に無くなってしまうかも。(おじさん談)

材料

  • 甘エビ(有頭でも無頭でも。):食べたいだけ
  • 昆布 :甘エビが敷けるくらい
  • 日本酒 :大さじ1杯
  • お酢 :大さじ1杯
  • 塩 :適量

作り方

    • キッチンペーパーなどで水気を軽く拭き取る
      _DSC1121
    • エビの頭と殻を取り、酒で軽く洗う。
      ※取ったエビの頭とカラは、オーブンで軽く焼いて味噌汁の出汁にしましょう
      _DSC1128
    • お酢とお酒を1:1で合わせて昆布に振りかける
      _DSC1136
  • 昆布に剥いたエビを並べたら軽く塩をふり、ラップをかけて冷蔵庫で寝かせる
    ※卵を持っている場合は、エビにまんべんなく振りかける
    _DSC1139

3日くらいで食べ頃。

今すぐ鮮魚コーナーへ!

甘エビなんてお刺身か、手巻き寿司とかそういう用途が多いと思います。居酒屋では唐揚げとか!
でも一手間かけただけで酒が進む肴になります。
手巻き寿司用途の、頭と殻を剥いた状態で並んでいる事の方が多いと思いますが、もし有頭・卵付きで新鮮なものがあったら、卵も有効活用してみてください。